くしろ山岳会ホームページ  - Kushiro Mountaineering Club –

入会ご検討の方へ、会の様子をアップしています

山岳スキー技術研修会を開催しました

日高国際スキー場

1月13日~14日の2日間、山岳スキー技術研修会を日高国際スキー場にて開催しました。

最後は参加者全員が目に見えて上達。

「自分でもうまくなったのが分かった!」「楽しかった!」と喜びを隠せない様子だったのが印象的でした。

 

山岳スキーを楽しむには技術が必要です

山スキー

北海道の冬期登山では主に山岳スキーを使用します。

山岳スキーはゲレンデスキーの板よりも幅広く、よくたわみます。ビンディングもブーツも特殊です。

整地されたスキー場とは違い、雪面状況や斜度変化が大きく、立木などの障害物もたくさんある場所を滑ります。

言わばゲレンデスキーとは別もの。

滑りが楽しめるようになるには、山を安全に滑るためのスキー技術が必要になってきます。

研修会では、ゲレンデスキーと山岳スキー両方の指導員資格を持つ当会代表が講師を務め、参加者ひとりひとりの技術的課題をふまえつつ、山で使える技術を徹底練習しました。

 

 

共通課題

スキー場練習

研修会に参加された方々に共通して見られた課題がこちら。

  1. 腰が前に出ない
  2. 目線が近い
  3. 急激なエッジング

 

◆腰が前に出ない

~腰が前に出ないデメリット~

  • ターン前半で板のトップが雪面をとらえることができない
  • 板の性能が活かせない
  • 空気イス状態で疲れる

~腰が前に出るようになると~

  • 次のターンをスムーズに始められる
  • 無駄な力を使わずにすむ
  • ポジションが高くなるので楽

 

◆目線が近い

~目線が近いデメリット~

  • ターン弧が小さくなりやすい
  • 斜度、スピードに応じた体の傾きを保てない(内倒しやすい)
  • 周囲が見えない

~目線が遠くになると~

  • ターン弧の調整能力が高くなる
  • 斜度変化、障害物を早く発見できる
  • 心の余裕ができる

 

◆急激なエッジング

~急激なエッジングをするデメリット~

  • 深雪に足をとられやすい
  • 転倒しやすい
  • 疲れる
  • エッジングのあと力が抜けてしまい、スキー板が雪面を捉えられなくなり不安定になる

~エッジングが滑らかになると~

  • 足をとられない
  • 疲れない
  • ターンの調整幅が広がり、ターン弧の大きさとスピードコントロールがしやすくなる
  • 常にスキー板が雪面を捉えることができるので安定する

 

整地されていない自然の雪面では、どれも滑りを左右する大切な要素です。

 

 

山でいちばん使える技術はシュテムターン

「急斜面を安全に下りる」「雪質が悪い」「障害物がたくさんある」ときなど、初心者から上級者まで重宝する技術がシュテムターンです。

研修会では、「共通課題」を意識しながらシュテムターンの練習をしました。

みなさんの頑張りで、初日と2日目では劇的に変化しているのが分かります。

夜は撮影したビデオを見ながらの座学やビーコン操作の練習も行うなど、スキー浸けの2日間でした。

みなさん、お疲れさまでした!!

 

 

今回の研修会、みなさんから大変好評をいただきました。

特に、2日間連続で徹底練習したことで、課題として指摘されたことが研修中に「できるようになった」ことがよかったそうです。成果が実感できるって嬉しいですよね。

講師からは「来年もみなさんの「うまくなりたい」に応えられるよう頑張ります!」とのことでした。

 

 

次回の定例山行は1月20日(日)雪上訓練です。アイゼン歩行、ピッケル滑落停止、ビーコン操作を行います。

 

くしろ山岳会では新規会員を募集しています。

ご興味のある方は問い合わせフォームからぜひご連絡ください!見学も大歓迎です。

お問合せフォーム

コメントは受け付けていません。